インクジェットノズル

インクジェットノズル②
  • インクジェットノズル②
  • インクジェットノズル①
  • インクジェットノズル③
  • Empty
  • Empty

小径の孔加工と高品位な内壁仕上げで
高精細な塗工を実現

インクジェットヘッド用のノズルは、高精細・鮮明度など、印刷(塗工)の品位を決定する重要な要素のひとつです。

ノズルの孔形状や孔径、孔内壁面や孔エッジの仕上がり等が、インクの液滴量、位置精度(着弾精度)に大きく影響します。お客様の要望に応じた様々なノズル孔形状に対応し、お客様の課題解決に向けたインクジェットノズルの製作に貢献します。

特長

当社は産業用途向けインクジェットヘッドのノズルを製作しています。
さまざまな塗工に使用されるインクジェットヘッドのノズルが小滴な吐出(液滴化)を実現するために次のポイントが挙げられます。

ポイント

  • 小径であること。また丸孔の場合、形状が真円に近いこと
  • インクの詰まり・液だれを抑制するため、孔内壁面が滑らかであること
  • 多数の孔を加工する場合、孔径のばらつきが少なく、孔の位置精度やピッチ精度が高いこと

当社では、お客様の要望に合わせた高品位で高精細を実現するノズルを製作しており、その特長は下記のとおりです。

特長

  • 高精細な塗工ができる小径サイズの孔を加工(最小孔径:Φ0.1μm)
  • サブミクロンオーダーの加工精度を実現
  • 孔内壁面をナノオーダーの表面粗さで滑らかに製作
  • 孔エッジをシャープに仕上げ
  • ストレート、テーパー、またはストレートとテーパーを合わせた形状など、お客様の要望に合わせて断面形状をカスタマイズ
  • 難削材(例:タンタル・インバー・モリブデン)や、脆性材(例:セラミックス・ガラス・超硬合金)なども高精度に加工可能
  • 狭ピッチや孔配列のカスタマイズ
  • サブミクロンオーダーの孔位置精度・ピッチ精度
  • スリット(長穴)等、丸以外の形状の加工も対応可能

 

高精度な加工の他、クリーンルームでの精密洗浄や、高精度設備による外観検査、寸法測定を行い、厳しい品質管理を行っております。

精密洗浄

精密洗浄

 

 

検査設備

  • 電子顕微鏡電子顕微鏡
  • 画像測定機画像測定機
  • レーザー顕微鏡レーザー顕微鏡
  • マイクロスコープマイクロスコープ

用途

  • 産業用インクジェットヘッド向け

この製品に使用された主な技術はこちら

こんな時にご相談ください

当社のご紹介

東レ・プレシジョンは超精密微細加工技術のパイオニアです。

1955年の創業以来、合成繊維製造のキーテクノロジーである紡糸用口金を製造し、日本はもちろん世界の合繊業界の発展に貢献して参りました。
この間に培ってきた精密微細加工技術の経験とノウハウは、現在では半導体、計測・検査、航空・宇宙、医療機器など、様々な産業分野に広く活かされています。