トレフィーダ®IS(検査)

搬送ワークの精密計測・検査(良否判定)を行い、合格品を次工程に整列搬送

トレフィーダ®ISは、長短辺の面合わせに加えて、搬送ワークの精密計測・検査を行います。検査結果をもとにワークの排出先を自動選択します。

低ダメージ、次工程直結、多品種対応、静粛性、高速搬送、低ランニングコスト、メンテ容易性など、トレフィーダの基本的な特長を網羅しています。

用途

  • 生産ライン向け装置

特長

  • トレフィーダの基本的な特徴を網羅
    低ダメージ、次工程直結、多品種対応、静粛性、高速搬送、低ランニングコスト・メンテ容易性など
  • パーツフィーダ(整流機構)上での検査・計測を実現
    無振動かつ平面整列のため装置上でワークの精密計測・検査が可能であり、検査結果を元にワークの排出先を自動選択可能
    検査ヘッドを変更することで様々な計測・検査ニーズに対応(オプション機能)

詳細

トレフィーダISデモ動画

トレフィーダの特徴を活かしたトータル低ダメージ

供給: 揺動式ホッパによるワークの低ダメージ供給
整列: 平面式整流による振動レスのワーク整列
回収: 検査合格ワークをエア浮上スロープ(PFS)にてエア浮上させながらブレーキングで優しく排出(PFS上に貯留も可能)

浮上スロープデモ動画(間欠エア)

移載: PFSに貯留したワークをエア浮上とPFS傾きにより滑らせつつ、回収トレイを水平移動させることで平積み移載

PFSから可動トレイへの受け渡しデモ動画

検査対象: 表面実装部品(SMD)等
検査機能: ①画像処理によるワークの品質検査
  ②検査結果を元にしたワークの自動選別排出、及び姿勢不良ワークの検査リトライ
適用例: 角柱型電子部品(0402~1005)中間検査工程
  ①処理量: 1,000個/分
  ②検査機能: 正検査率97%以上
  ※処理量・検査機能は特定ワークによる一例

この製品に使用された主な技術はこちら

こんな時にご相談ください