トレフィーダ®IT(整列機能付き検査テーブル)

トレフィーダ整流部・検査テーブル(直上)

低ダメージ搬送・回収、多品種対応、機内検査可能というトレフィーダの特長をフルに活かした整列機能付き検査テーブル

トレフィーダ®ITは、トレフィーダの基本的な特長を網羅しつつ、ワークを整流機能部から検査テーブルへ無振動・シームレスに移乗し、検査結果に応じてワークをOK/NG選別排出する、整列機能付き検査テーブルです。お客様のご要望に応じ、トレフィーダや検査ユニットを載せる台座、装置筐体等の設計、製作も行います。
お客様ご指定の計測・検査ヘッドを搭載することが可能ですので、既設検査装置の改造にも適用をご検討下さい。

用途

  • ワーク検査装置組み込み

特長

  • 無振動式パーツフィーダ基本特性:
    トレフィーダの基本的な特長(ダメージレス搬送、多品種対応、帯電抑制構造、静粛性)を網羅
  • パーツフィーダ機内検査:
    • 装置内に振動が生じないため、装置機内で高精度の計測・検査が可能かつ、お客様指定の検査デバイスを搭載することができ(機種等は要相談)、フレキシブルな用途展開が可能
    • 従来、振動パーツフィーダトラフとガラス円盤の間でワークを移乗すると、ワーク搬送挙動の違いでワーク姿勢が乱れることが課題であったが、トレフィーダITでは無振動・シームレスなガイド誘導によりワークを移乗するためワーク姿勢乱れを大きく改善
    • 整流円盤とガラス円盤の基本構成として内外同軸・独立回転制御式を採用
    • OKワークの引き取りはエア浮上式スロープ(PFS)にてダメージレスに実施可能、PFSからお客様指定容器へのワーク払い出しはワーク一斉排出やマグネット把持などで実現

※振動式パーツフィーダ搭載型検査装置とトレフィーダ®ITのワークダメージを車載向けフェライトドラムコアで比較評価したところ、前者に対し後者のワーク破損率が95%削減しました(当社顧客評価)。

詳細

整列対象: 表面実装部品(SMD)、各種受動素子、フェライト部品(インダクタ部品(ドラム、スリーブ、アレイ等各種形状))、樹脂コネクタ、円柱・円盤形状部品等、トレフィーダで整列可能なワーク全般
処理能力: ワークサイズ・形状により数百~数千個/分
装置機能:
  1. 対象ワークを検査に適した姿勢、間隔に制御し、検査用のガラステーブルへ供給
  2. お客様指定デバイスによる計測・検査
  3. 検査結果を元にしたワークの自動選別排出、及び未検査(姿勢不良・短ピッチ)の自動リトライ
  4. ワーク投入から回収までの全プロセスを“ダメージレス”で実行

関連情報

当社のご紹介

東レ・プレシジョンは超精密微細加工技術のパイオニアです。

1955年の創業以来、合成繊維製造のキーテクノロジーである紡糸用口金を製造し、日本はもちろん世界の合繊業界の発展に貢献して参りました。
この間に培ってきた精密微細加工技術の経験とノウハウは、現在では半導体、計測・検査、航空・宇宙、医療機器など、様々な産業分野に広く活かされています。