加工困難な難削材を微細に加工したい

ドリルやプレスでは加工困難な難削材でも、東レ・プレシジョンの放電加工技術や精密微細加工技術を駆使すれば、微細で精密な加工を実現できます。形状も丸孔にとどまらず、複雑形状も高精度に加工します。また、孔だけにとどまらず、微細な部品加工も対応しています。
材料もモリブデンやチタン、タンタル、プラチナ、超硬合金など、数多くの取扱いをしています。

解決策

東レ・プレシジョンなら下記の技術とサポートをご提供できます。

放電加工

ドリルやプレスでは加工が困難な、難削材への加工に適しています。

精密プレス加工

独自開発の加工技術です。
微細な孔に最適で、量産にも対応します。

レアメタル加工(難削材加工)

難切削材と言われている材料(モリブデン、チタン、タンタル、タングステン、ニッケル、プラチナ、超硬等)の加工を高精度で行います。

精密微細加工

精密で複雑な形状の部品等を高精度・高品位に加工します。仕上げ加工用途としても活用されています。

加工例・導入事例

アパーチャー・コリメーター・オリフィス

理化学機器などのキーデバイスの1つで、気体や流体の流量を高精度に制御できる製品を提供します。

当社のご紹介

東レ・プレシジョンは超精密微細加工技術のパイオニアです。

1955年の創業以来、合成繊維製造のキーテクノロジーである紡糸用口金を製造し、日本はもちろん世界の合繊業界の発展に貢献して参りました。
この間に培ってきた精密微細加工技術の経験とノウハウは、現在では半導体、計測・検査、航空・宇宙、医療機器など、様々な産業分野に広く活かされています。