今ある部品の表面処理/仕上げをしたい

配管部品の内面や、複雑形状の部品の内面は、特に流体や気体を流す場合、表面処理をして滑らかな仕上がりにする必要があります。東レ・プレシジョンの超鏡面仕上加工には超仕上研削加工や超仕上鏡面加工を取り揃え、仕上げが困難な場所でも綺麗に仕上げます。

解決策

東レ・プレシジョンなら下記の技術とサポートをご提供できます。

精密微細加工

精密で複雑な形状の部品等を高精度・高品位に加工します。仕上げ加工用途としても活用されています。

超仕上鏡面加工

精密ラップ盤をナノオーダーで厳しく管理し、加工面を鏡面に仕上げます。
また、細部は匠の技(手磨き)でも仕上げます。

大型平面研削加工

大型の平面研削盤を保有し、長尺ワーク(加工物)の平面をミクロンオーダーに仕上げます。

加工例・導入事例

金属3Dプリンター造形例

金属3Dプリンターを使って、複雑形状の部品を3Dデータからダイレクトに造形します。

当社のご紹介

東レ・プレシジョンは超精密微細加工技術のパイオニアです。

1955年の創業以来、合成繊維製造のキーテクノロジーである紡糸用口金を製造し、日本はもちろん世界の合繊業界の発展に貢献して参りました。
この間に培ってきた精密微細加工技術の経験とノウハウは、現在では半導体、計測・検査、航空・宇宙、医療機器など、様々な産業分野に広く活かされています。