部品を軽量化なものに置き換えたい

設備や製品の中で、部品の重量が原因で性能が出ないということが多くあります。
東レ・プレシジョンの金属3Dプリンターによる造形なら、部品内部に空洞を作ることや、且つ一体造形が可能なため、部品の軽量化を実現しつつ、加工のコストダウンも見込めます。

解決策

東レ・プレシジョンなら下記の技術とサポートをご提供できます。

精密微細加工

精密で複雑な形状の部品等を高精度・高品位に加工します。仕上げ加工用途としても活用されています。

超仕上鏡面加工

精密ラップ盤をナノオーダーで厳しく管理し、加工面を鏡面に仕上げます。
また、細部は匠の技(手磨き)でも仕上げます。

大型平面研削加工

大型の平面研削盤を保有し、長尺ワーク(加工物)の平面をミクロンオーダーに仕上げます。

金属3Dプリンター加工

金属3Dプリンターを使って、複雑形状の部品を3Dデータからダイレクトに造形します。

加工例・導入事例

金属3Dプリンター造形例

金属3Dプリンターを使って、複雑形状の部品を3Dデータからダイレクトに造形します。

当社のご紹介

東レ・プレシジョンは超精密微細加工技術のパイオニアです。

1955年の創業以来、合成繊維製造のキーテクノロジーである紡糸用口金を製造し、日本はもちろん世界の合繊業界の発展に貢献して参りました。
この間に培ってきた精密微細加工技術の経験とノウハウは、現在では半導体、計測・検査、航空・宇宙、医療機器など、様々な産業分野に広く活かされています。