押出ダイス

押出ダイス①
  • 押出ダイス①
  • Empty
  • Empty
  • Empty
  • Empty

押出成形用の部品金型を提供

押出成形で製造するパイプやチューブ形状の製品は、膜厚の均一性を保つことが必須です。東レ・プレシジョンの超仕上鏡面加工を用いて表面粗さを極限まで向上させます。

用途

  • 射出成形用金型
  • 医療
  • 輸送機向け部品

特長

  • 超鏡面仕上加工による表面処理を実施
  • 複雑な形状でも精度よく成形できる設計提案
  • マルチチューブ用金型の設計にも対応

関連情報

当社のご紹介

東レ・プレシジョンは超精密微細加工技術のパイオニアです。

1955年の創業以来、合成繊維製造のキーテクノロジーである紡糸用口金を製造し、日本はもちろん世界の合繊業界の発展に貢献して参りました。
この間に培ってきた精密微細加工技術の経験とノウハウは、現在では半導体、計測・検査、航空・宇宙、医療機器など、様々な産業分野に広く活かされています。