社長ご挨拶

精密加微細工技術は、現代の先端産業を支える共通基盤技術としてますます重要視されています。
東レ・プレシジョンは1955年の創業以来、合成繊維製造のキーテクノロジーである紡糸用口金を製造し、日本を含む世界の合繊メーカーに提供することにより合繊業界の発展に貢献して参りました。
一方でこの間に培った精密微細加工技術の経験とノウハウは、半導体、計測・検査、航空・宇宙、医療機器など、様々な産業分野に広く活かされています。

最近は、加工技術・精度の極限を更に追求し、各種ノズル、FPD用スリットダイ、半導体製造装置用部品などを中心に、高精度・高品位な製品を送り出すことで急速に事業を拡大し、日本の製造業を支えています。

わたしたちは、精密微細技術を通じて社会に貢献します。